不登校小学生のカーチャン奮闘記~悩まず、焦らず、落ち込まず、人生楽しんでる記録~

こどもの発達障害や不登校にまつわる思いや情報共有を中心に、仕事に趣味に、悩みに縛られない日々を楽しむ私を切り取っていきます。

2学期がしんどい。私が。

2学期がスタートしてほぼ2週間経ちました

 

長男は1学期同様支援級の先生のお迎えで始業式から学校に行っています。

1学期は台風が来たなどで調子を崩すこともありましたが、台風21号の際には都内はあまり影響がなかったこともあり、ギリギリに起きていつも通り出かけていきました。

 

生活リズムも安定し、喜ばしいことなのですが・・・。

 

 

一方、私の方のやる気が出ない

 

2学期はご存じの通り各学校は行事が目白押しです。

特に長男の学校は運動会も9月末、そして4年生は1泊2日の移動教室もあり、信じられないくらいタイトなスケジュールとなっています。

 

長男は今のところこれらの行事に参加するかどうか何も言っていません。

 

不登校の子どもを持つお母さんからは

 

「直前まで行くか行かないかわからない行事の準備や積立金などをするのは精神的にキツイ」

 

というようなお話をよく聞きます。

確かに、もしかしたらという期待交じりで準備して、やっぱりダメだった、というのは当の本人もですが、親のモチベーションもかなり消耗するでしょう。

 

うーん、でもなんかちょっと違うんですよね、私の場合。

 

もっとシンプルに、

 

「行事多すぎめんどくさい」

 

と思っています。多分。

どちらかというと学校が苦手な子どもの思いそのものと似ているかもしれません。

 

確かにねー、思い出づくりのようなことも(普通の子には)必要だとは思うので、移動教室なんかは悪くないと思います。

 

私は親や地域にお披露目系の運動会とか学習発表会が邪魔くさいと内心ひそかに思っています。

ああでも言っちゃったよ・・・。

 

これまで保育園から運動会や生活発表会を見てきて、親子競技一緒にやれて楽しいとか、ちっちゃい子のたどたどしいお遊戯を見てかわいいとか、そういう感情はこんな私ですがちゃんとありました。

 

ところが小学校に上がるとこの会場の雰囲気が一変します。

とにかく親たちのうちの子(他の子より)がんばれオーラが半端ない。

 

特に運動会でやたら大声で

「〇〇がんばれぇぇぇぇぇ!!!」

と惜しげもなく我が子を鼓舞しているお母さんが隣にいたりして、すっかり疲れ果てたりしていました。

私も子どもにがんばれという気持ちがないわけではないんですが、周りのやつらに負けんな!みたいな競争心がほぼないので、そういう場にいること自体がしんどいのです。

それ以前に、親たちの場所取り合戦みたいなのも嫌いですしね。

 

さらに、子どもたちの方を見ても、ちょっとした可愛い失敗も可愛いで済んでいた保育園に比べ、学校の行事は完成度を求めるため子どもたちと先生のピリピリ感がキツイ。

過去の私を振り返っても、特にあんまり得意でもない運動会のピリピリムードは本当に嫌でした。出さされてる感満載でした。

 

というわけで、2学期なんて移動教室だけにしちゃえよと思っている私ですので、子ども以上に2学期しんどいとなっているのでありました。